2022.11.08

すべて

お知らせ

プレスリリース

アバント、ナブテスコ株式会社のIFRS第16号「リース」対応作業の自動化・業務効率化を支援 ~DivaSystem LCAの拡張で実現した業務負荷削減と精度向上~

 アバントグループでグループ経営管理・連結会計・事業管理のソリューションを提供する株式会社アバント(本社:東京都港区、代表取締役社長 執行役員 CEO:岡部 貴弘、以下 アバント)は、ナブテスコ株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:木村 和正、以下 ナブテスコ)における「DivaSystem LCA」の活用事例を公開しました。

 ナブテスコ株式会社は独創的なモーションコントロール技術で、生産現場の自動化や陸海空の安全・安心・快適な移動を支える機械コンポーネントメーカーで産業用ロボット向け精密減速機や、輸送用機器、自動ドアなど各分野で高いシェアを有し、ナブテスコグループとしては国内外に60拠点以上を展開しているグローバル企業です。
 ナブテスコ株式会社では、2019年に適用開始となったIFRS第16号リース対応に、新たなシステムの導入を検討されていましたが、従来よりご利用いただいていたDivaSystem LCA(連結会計システム)の拡張により業務効率化を実現されました。

導入前の課題

IFRS第16号対応に必要なリース情報収集を内製のExcelフォーマットで運用するものの、膨大な業務負荷が発生

  • 毎期のExcelフォーマット更新・配布作業

    • 各社ごとにマスタ情報等を更新する必要があり、毎期グループ会社数分のファイルを作成、管理する必要があった。
      経理部から毎期Excelフォーマットを更新し個別に全グループ会社へメールで配布していた。

  • 連結会計システムへのデータ転記作業

    • グループ会社にて手作業でデータをDivaSystem LCAに転記していた。時間を要すると同時に転記ミスが発生する場合もあった。

  • 提出データの整合性チェック・不備修正作業

    • 経理部にてExcelフォーマットで収集したデータと入力データの整合性を確認し、不備のある場合は個別に差戻し修正を依頼していた。

導入効果

リース情報収集用のExcelフォーマットをDivaSystem LCAに取り込み、運用することより業務負荷が大幅に削減し、精度も向上

  • Excelフォーマット更新の工数削減・配布作業が不要に

    • マスタ情報はDivaSystem LCAから自動で取得されるため、会社ごとのExcelフォーマットの更新は不要に。
      Excelフォーマットを更新する場合も、マスタファイルのみの更新で各対象ファイルへ自動反映されるようになりExcelフォーマットの更新工数を削減。

  • 提出データの整合性チェック・不備修正完了までの工数を大幅に削減

    • グループ会社のデータ保存時に整合性チェックを自動で実施。整合性の担保されたデータのみが提出されるようになり、入力データの不備チェックの確認工数を削減。

  • データ転記作業が不要に

    • 個別財務諸表、増減明細等の関連明細に、自動的に必要なリース情報のデータが自動反映されるようになり、転記作業は一切不要に。

事例の詳細はこちらよりご確認ください。

当社は引き続きDivaSystem LCAを通して、企業におけるグループ経営の効率化・高度化を推進してまいります。

<本件に関するお問合せ先>

株式会社アバント 広報担当 PR@avantcorp.com

一覧へ戻る

最新記事