コーポレート・ガバナンス

内部統制

内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

社会の公器として会社組織・活動の責任を果たし、事業の成長性と会社組織の継続的・効率的な運営を目的として、当社は株主総会を会社の最高機関とし、次のとおりの機関設計及び内部統制システムを構築しております。

  • 取締役会を設置し、代表取締役を選定することによる、的確な意思決定と迅速な業務執行。
  • 監査役会を設置し、監査役による経営の健全性の向上及び監視・監督機能の強化。
    (常勤監査役の業務監査機能、社外監査役の取締役監視、意思決定監督機能)
  • 会計監査人を設置し、会計監査による財務報告及び内部統制の適正性の確保と開示・情報提供機能の向上。
  • 社長を委員長とするコンプライアンス・リスクマネジメント委員会(以下、CRM委員会)、情報セキュリティ委員会による法令・諸規則の遵守、浸透ならびに重要なリスクへの対応。

なお、以下のとおり内部統制システム整備に関する基本方針を取締役会で決議しております。

PAGE TOP