ビジネスモデル

アバントグループは、持株会社である株式会社アバント及び子会社5社で構成され、「経営情報の大衆化~経営情報を未来の地図に変えていく」というグループ・ミッションのもと、経営情報の「見える化」、「使える化」、「任せる化」を3つの事業セグメント(連結会計関連事業、ビジネス・インテリジェンス事業、アウトソーシング事業)を通じて取り組んでいます。

「経営情報の大衆化」とは、グループ企業が抱える財務情報等多様な情報を、当社のソフトウェアとサービスを通じて「見える化」・「使える化」・「任せる化」し、経営判断につながる「戦略」の立案、経営判断を支える「ガバナンス」の強化、経営成果の「開示」を介したステークホルダーとのエンゲージメントの充実につなげることで、企業の持続的な価値創造を支えるものです。
サービスの提供にあたっては、幅広いお客様基盤や多様なプロジェクト実績を通じて高度な技術力、課題解決力を獲得してきたプロフェッショナル人財、健全な財務体質などを強みとして、アバントグループならではの付加価値を追求。お客様の企業価値向上を通じて多様なステークホルダーとともに成長していくことを目指しています。

PAGE TOP