アバントグループの理念体系とマテリアリティ

アバントグループは、「100年企業の創造」という企業理念を基盤に、「経営情報の大衆化」という創業来のミッション実現に向け、グループ社員一丸となって邁進しています。目指すは“Be Global”。世界に通用するソフトウエア会社へと進化を遂げ、広く社会経済の発展に貢献します。

ミッション

経営情報の大衆化
経営情報を未来の地図に変えていく

アバントグループは、創業来「経営情報の大衆化」をミッションに掲げ、ITを活用して経営情報を可視化することで、企業経営における意思決定をサポートしてきました。また意思決定のプロセスにおいては、経営層のみならず、多くの社員が経営情報に接することができる環境をつくることで、開かれた議論と透明性のある意思決定が行われることが大切だと考えました。これが「大衆化」の意味するところです。

一方、この数年で企業を取り巻く経営環境は大きく変化しています。企業価値の向上を目的とするガバナンス改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進、さらには企業にサステナブルな成長を求めるESG投資の台頭です。こうした中、企業における「経営情報」は、意思決定に重要な役割を担うだけではなく、企業価値の創造や持続的な成長の実現に大きく関わる存在になっています。

アバントグループでは、こうした社会情勢を踏まえ、「経営情報の大衆化」というミッションをさらに進化させています。これからの時代における「経営情報の大衆化」の目的は、「最善の経営」を社会的に広く普及させることです。「最善の経営」とは、サステナブルな経営で長期的に企業価値を創造していくことに他なりません。当社グループは、経営情報を未来の企業価値をつくる情報として有効活用できる先進の情報システムやソリューションの提供により、「経営情報の大衆化」第二ステージに向けた躍進を目指します。

マテリアリティ

経営(戦略)のマテリアリティ
企業価値の向上に役立つソフトウエア会社になる

当マテリアリティ特定の背景

アバントグループは、創業来「経営情報の大衆化」をミッションに掲げ、企業の良質な経営と雇用の創造に努めてきました。特に連結経営を支える連結会計システムの分野では、マーケットから高い評価を得、圧倒的存在感を示してきました。一方、企業を取り巻く経営環境は近年大きく変化し、経営情報の在り方も、これまでのようにオペレーションや開示義務のためのみならず、企業価値の向上にも役立てることが重要になっています。
背景には、ESG投資の拡大やサステナブルな企業経営を求める社会の要請がありますが、こうしたニーズ変化に適応することなくアバントグループの未来はなく、現状に甘んじていては社会や顧客の役に立つことはできません。次なる成長ステージに向かう上で、「企業価値の向上に役立つソフトウエア会社になる」ことこそ、当社グループの最重要課題です。

戦略アプローチ

当マテリアリティ推進におけるターゲット顧客は、「企業価値の向上を求められているすべての企業」です。これらに対し、グループの中核となるビジネスモデルを「企業価値の向上に役立つソフトウエアベースBPO」へと転換し、同時に多くのお客さまに提供できるキラーソフトウエアの開発を推進します。

当マテリアリティの狙い

アバントグループは、当マテリアリティへの取り組みを通し、“Software as a BPO”という発想で世界に通用するソフトウエアビジネスの確立を目指します。多くのお客さまの企業価値の向上に貢献するためには、サービスのソフトウエア化は必須である。「経営情報の大衆化」をさらに推し進め、企業経営のみならず、資本市場や社会にもインパクトを与える存在になることこそ、当社のビジョン「世界に通用するソフトウエア会社になる」の実現に向けた大きな一歩になります。

PAGE TOP