サステナビリティ

グループ理念「100年企業の創造」を実現する上で、社会・環境との関わりを従業員一人一人が意識し、行動することが重要です。ここでは、アバントグループのサステナビリティに関わる考え方や行動をまとめています。

ガバナンスに関する取り組みはこちら

アバントグループ人権方針

アバントグループは会社を社会の公器と⾒なす⽇本的経営観に⽴脚した企業活動を「100 年企業の創造」と表現し、創業以来のグループ企業理念としています。社会の公器として、株式会社アバント及びグループ会社の役員・社員の事業活動は全て⼈権に影響を及ぼすことを認識し、私たちひとり⼀⼈が国際⼈権章典や国際労働機関の労働における原則及び権利に関する宣⾔」等の⼈権に関する国際原則・規約を⽀持し、尊重します。また、⼈権・労働・環境・腐敗防⽌についての普遍的原則をまとめた国連グローバル・コンパクトに署名し、その10 原則を⽀持・尊重します。

⼈権尊重の基本⽅針

全ての⼈間は⽣まれながらにして⾃由であり、かつ、尊厳と権利について平等です。私たちは直接的にも間接的にも⼈権の侵害に加担してはなりません。⼈種、⽪膚の⾊、性別、性的志向、⾔語、宗教、信条、政治上その他の意⾒、国⺠的もしくは社会的出⾝、財産、⾨地その他の地位またはこれに類するいかなる事由による差別を禁じます。強制労働、児童労働を禁⽌し、結社の⾃由や団体交渉権といった労働の権利を尊重します。全ての者が公正かつ良好な労働条件を享受する権利を有することを認め、安全かつ健康的な労働条件を確保し、労働に対して公平かつ公正な報酬を保障します。

⼈権尊重の実現に向けた取り組み

⼈権を尊重し持続可能な社会を実現するため、グループ内で研修等を通じて⼈権啓発に取組みます。アバントグループの事業活動にかかわる全てのステークホルダーとの協議や会話を通じて、⼈権に関する問題やその影響について理解し、対応を協議します。アバントグループの⼈権尊重に関する取組やその進捗状況はステークホルダーに対して開⽰していきます。

本⽅針は株式会社アバント取締役会において2020年7⽉22⽇に承認されました。

2020年7⽉22⽇
株式会社アバント
代表取締役社⻑ グループCEO
森川 徹治

PAGE TOP