アバントの事業

AVANTグループはミッションとして掲げている「経営情報の大衆化」の一環として、様々な経営情報を可視化してきました。これまでより一層、経営情報を広くとらえ、間接材支出管理のための支出可視化ソリューション「SpendCube」を提供します。SpendCubeは最短で最小の工数で継続的に支出を可視化するソリューションです。

支出可視化ソリューション「SpendCube™」


SpendCube分析画面

今ある情報で支出を可視化
間接材コスト削減

間接材コスト削減を短期間で成果を出すために
「SpendCube」は今ある情報で支出を可視化し
早期成果創出をサポートします
最小の工数で継続的に支出を可視化できるソリューションです

お問合せはこちら 資料ダウンロード

あなたの会社のソーシング(戦略的コスト削減活動)
成果創出までこのような課題がありませんか?

  • 億単位の
    巨額な投資が必要

  • 年単位の
    長い時間が必要

成果と投下するリソースの投資対効果が見合うのか分からない

SpendCubeを導入すると…大きな投資判断は後にして
先に成果による活動原資を獲得できます

SpendCube
導入

既存データによる
クイックな支出可視化と
データ分析、
オポチュニティ発見

成果獲得

ソーシング
(戦略的なコスト削減活動)
による成果獲得

投資判断

ソーシングで得た
成果を原資に
業務改革/購買システム
導入
SpendCubeについてのお問い合せはこちらから
お問合せはこちら 資料ダウンロード

SpendCube間接材支出可視化の3つの特徴

① いまあるデータで支出の可視化ができる

購買データでなくても、会計データ等今ある支出に関するデータを基に、支出を可視化できるソリューションです。

② 最小の工数で継続的に支出の可視化ができる

いまあるデータで支出を可視化するためには品目情報の付与が必要です。SpendCubeではそれを人手でなく、仕組で継続的に行えるソリューションです。

③ 間接材品目体系の本格検討をせずに支出の可視化ができる

間接材品目は多岐に渡り、可視化のためには全ての品目を網羅的に体系的に把握しないと価値が半減します。SpendCubeは標準的な品目体系を有しているので、そこからの差分の検討だけで可視化できるソリューションです。

SpendCubeを使った支出可視化の流れ

経験豊富なアバントのコンサルティング

SpendCubeによる可視化、分析より得た示唆を基に行う戦略的コスト削減(ソーシング)活動は、アバントのコンサルティングが解決します。
他に類を見ない多数の成功事例を有しており、絶対的な自信をもってサービスを提供いたします。

ウェブセミナーダイジェスト動画

経験豊富なアバントのコンサルタントによる、ウェブセミナーの模様をダイジェストでお届けします。

動画の完全版をご覧になりたい方はこちらのフォームよりお申込みください

よくあるご質問

Q.本当に今ある支出に関するデータでコスト削減余地を見出せますか?

A.見出せます。

もちろん、購買データを基に現状把握したほうが詳細にコスト削減余地を見出せますが、特にボリュームディスカウント引出余地の有無は、今あるデータ(会計データ等)でも十分に検討可能です。

Q.本当に購買システム導入より短期間かつ安価で、SpendCubeを導入できますか?

A.できます。

購買システム導入には、新業務設計までに少なくとも6か月以上、新業務に移行しデータを蓄積するのに少なくとも1年は必要なのに対し、SpendCubeでは契約締結から数か月で支出可視化できます。金額はお見積致しますので、お問合せ下さい。

Q.使いこなせるようになりますか? 難しくありませんか?

A.支出の見方、使い方をご理解いただけるようにサポートいたします。

納品時に、可視化した支出の見方、SpendCubeの使い方を説明し、着眼点となるコスト削減施策体系、施策の仮説構築例をお納めする予定です。

SpendCubeについてのお問い合せはこちらから
お問合せはこちら 資料ダウンロード
PAGE TOP